1. TOP
  2. 映画
  3. 君の膵臓を食べたいの映画も小説も本当におすすめ!!

君の膵臓を食べたいの映画も小説も本当におすすめ!!

映画
 

どうも渡辺です。

今回は最近僕が映画館で映画を見て、しかもその作品に感動して小説まで購入するというほどはまってしまった、「君の膵臓を食べたい」の魅力について書いていきたいと思います。

君の膵臓を食べたいの魅力は?

少しネタバレもありますがご勘弁を。

「君の膵臓を食べたい」のストーリー内容としては、膵臓の病気を抱えて余命が1年くらいの少女が、

偶然病院で、秘密にしていた病気のことを知られてしまったクラスメートとの、真実と日常を描いた作品になっています。

生きることの大切さ、人間はいつ死ぬのかわからないということ。

だからこそ、重病の人も健康の人も1日の価値は一緒であるということ。

僕のように、不感症になりやすい人間にはとても刺激が多い内容となっていたので、これからもこの作品に繰り返し触れ刺激を得たいと思える作品でした。

最近の僕の人生のテーマは「生きることに執着する」というのがあります。

「美味しいものを食べたい」「美女と付き合いたい」「有名になりたい」。

人間生きていれば何か成し遂げたいものや、夢、欲というものがあるのだと思いますが、僕はそれらのものにまったく執着できませんでした。

人生をかけて何を成し遂げたいとか、何をしたいというのが本当にわからないような人生をおくっていました。

最近は、文章を書くということが本当に好きであるということがわかり、文章を書いていたいと思うようになったので、

コピーライティングの勉強をしたりしていますが、そのきっかけを与えてくれたのは、「君の膵臓を食べたい」を見てからの気がします。

主人公の少女の山内桜良は本当に魅力的な女の子で、死が近づいている女の子の発する言葉はとても重みがあります。

よく終わりを意識することは重要であるといいますが、

彼女は死という人間の期限がある事を誰よりも感じているからこそ、人生で一番大切である時間を本当に有効に活用しています。

彼女が話す言葉で僕が好きな言葉をシェアしたいと思います。

違うよ。偶然じゃない。私たちは、皆、自分で選んでここに来たの。君と私がクラスが一緒だったのも、あの日病院にいたのも、偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの。私たちは自分の意思で出会ったんだよ。君の膵臓を食べたいの小説から引用

これは、僕(志賀春樹)が山内桜良の元恋人と揉めたあとに、僕(志賀春樹)が山内桜良に対して、僕らは偶然出会ったのだから、偶然出会った人間ではなく、

元恋人のように、山内桜良を本当に思ってくれる人と一緒にいた方が良いのではないかと発言した時の返しの言葉です。

人生は選択の連続であり、実際に何かしらの結果が出ることがほとんどです。

結果に対して色々なことを感じると思いますが、私達が選択したその積み重ねによって結果が出るということ。

運命とか、偶然ではなく選択の積み重ねなので結果は必然である。

松下幸之助の名言の中で、「雨が降っても自分のせい」という言葉がありますが、

上手くいかない原因はすべて自分に原因があるので、自分自身を変えることでいくらでも改善の余地があるので、どうしようもないことなんて絶対にないと言う考え方です。

僕は山内桜良の言葉や松下幸之助の言葉がリンクして、人生は自分の選択でどうにでも出来るのだから頑張ろうと本当に思えました。

共病文庫の真実こそがすべて

「君の膵臓を食べたい」の中で一番重要とも言えるのが共病文庫だと思います。

山内桜良が思っていたことのすべてが書いてあり、そこにはすべての真実が書いてあります。

真実と挑戦ゲームなど、真実というのが君の膵臓を食べたいの中で1つ重要なキーワードだと思いますが、真実と言うものがこれほどまでに凄いものだと感じたのは初めてだったので衝撃を受けました。

ネタバレになってしまいますが、山内桜良は病気で死ぬのではなく突然死んでしまいます。

突然死んでしまったら、死ぬ前に聞きたかったことが聞けなくなってしまいます。

ですが、共病文庫にすべてが書いてある。

彼女が本当は僕(志賀春樹)のことをどう思っていたとか、本当にすべてが書いてあります。

僕は文章を書くのが好きだからこそ、文字にして残すということの魅力がこの映画を見て本当に強く感じました。

僕も山内桜良のような死んでもなお人を感動させることが出来るような文章を書きたい!!

「君の膵臓を食べたい」を見て、僕が本当にやりたいことに気づかせてくれる映画だったので、人生で最も大切な映画になるかもしれません。

本当に見て良かったと思える映画であり、小説も本当におすすめです。

小説の共病文庫を読んで真実を知っていく過程は時間を忘れさせるくらいあっという間に読み進めることが出来るくらい感動的でした。

映画を見た人が小説を読んだ方が良い理由

最後にですが、「君の膵臓を食べたい」を映画で見た人は小説も読んだ方が良いと思います。

僕は普段小説は読みません。

多分、ハリーポッターの死の秘宝を映画公開前に読んで以来、小説は読んでいないので本当に数年小説は読んでいませんでした。

「君の膵臓を食べたい」の小説の約280ページを読み終えるのに、4時間以上かかった気がしますが本当に読んで良かったです。

映画では、僕(志賀春樹)と山内桜良の親友のキョウコさんが大人になり、キョウコさんの結婚式の直前のシーンなどが描かれていたり、

共病文庫の記述が違っていたり、映画と小説では多くの違いがあります。

で、一番読んで良かったと思ったのはキョウコさんの結婚相手が何故あの彼なのかということが小説を読むことで納得することが出来ました。

映画と小説は世界観は一緒ですが、内容はかなり違うのでどちらを読んでも楽しめると思います。

純粋に感動して泣きたい人には絶対オススメですし、僕みたいに人生に迷っている人にも本当におすすめできます。

もしかしたら、僕みたいに、「君の膵臓を食べたい」の映画を見ることで人生が変わる可能性もありますので、いつまで公開しているかはわかりませんが、

是非、映画館に足を運んでみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実(IRIS)オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実(IRIS)オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • スマホ依存の原因と解決方法は?あなたは機械に支配されている?

  • Fラン大学出身が語る、新卒で就職をしなかった人間の転職活動の現実と真実!!

  • アマゾンプライムビデオに「君の膵臓を食べたい」が追加された!!

  • YouTubeの多様性時代を生き抜くために考えるべきこと!!

関連記事

  • music.jpを徹底レビュー!!申し込みを考えている人が注意すべき1つのこと!!

  • スター・ウォーズ/最後のジェダイを無料動画・無料視聴する方法を見つけた!!

  • IRIS2-アイリス2-:ラスト・ジェネレーション 無料動画・無料視聴してみた!!

  • ちょっと今から仕事辞めてくるの映画の無料視聴する方法!!

  • 札幌のシネマフロンティアも映画料金を値上げするってよ!!

  • 柳ゆり菜のヌードが見たくて、「純平、考え直せ」の無料動画を必死に探している人へ伝えたいこと!!