1. TOP
  2. アイドル研究
  3. 長浜ねるの兼任解除とニュースにあったので調べたら・・・

長浜ねるの兼任解除とニュースにあったので調べたら・・・

どうも渡辺です。

今回は、Yahoo!ニュースで欅坂46の長浜ねるさんが、兼任解除されるというニュースをみて、欅坂46について調べたら意外と深かったという話をしていこうと思います。

欅坂46、けやき坂46の違いすら知らなかった状態から

僕は乃木坂46については、アイドル研究をしている中で結構ハマったので、詳しくはなってきていますが、

その姉妹グループの欅坂46まではあまり興味もなかったし、正直どうでも良いと思っていました。

漢字の欅坂とひらがなのけやき坂という謎に2つの形があるというのは知っていたので、この機会に調べてみるか〜と思い、重い腰をあげました。

そしたら意外と興味深い事実もわかり、長浜ねるさんの境遇が僕と少し似ていたので、かなり共感できた部分が多かったです。

このままでは、欅坂46についてだらだら書くことになりそうなので、最終的には家族論などの話につなげていきたいと思います。

まず、欅坂46とけやき坂46の違いは、今回の話を進めていく上で必要だと思ったので、話していきます。

漢字の欅坂は欅坂46の第1期オーディションで合格したメンバーが属するチーム。

一方でひらがなのけやき坂は、第1期オーディションの最終審査を辞退した長浜ねるさんが、特例で加入したことで設けられたチームで、アンダーグループと位置付けられている。

最近では、ひらがなのけやき坂は欅坂46の妹グループで2つのKEYAKIZAKAという位置付けなのではと言われており、

本当の所の定義は調べた限りでは不明でした。

第1期オーディションを辞退した長浜ねるさん。

なぜ彼女はオーディションを辞退したのか?

そこには本当に壮絶なるものがあると思うので、その臨場感を味わうためにも良い動画があるので、ご覧いただければと思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

両親の反対、そして強制的に親に夢を諦めさせられるような強行をされる。

長浜ねるさんは偏差値70くらいの進学校に通っていて、高校生クイズの長崎大会で、高校2年生の時に決勝まで進出した才女。

長崎西高校に通っていて、有名国公立大学に進学する人も多い高校に通っていた。

もしかしたら、旧帝国大学に進学することも親は考えていたのかもしれない。

有名大学に進学し、有名企業に就職する。

普通の親であれば普通に考えるであろうこと。

しかし、長浜ねるさんはアイドルになりたかった。

芸能界というのは本当に実力があっても評価されるとは限らない。

普通に生きてきた自分の娘がアイドルになって成功できるわけがない。

普通の親なら娘の幸せのために大学に進学し、普通に生きてくれることを望むのだと思う。

そして、親は娘の話を一切聞かず、ドリームキラーとなり、このアイドルを諦めさせるという行為が一生のシコリとなる。

娘は両親を一生恨み続け、次に何かが起きた時には絶縁することも考えられるくらい、深刻な状態へと発展する可能性もある。

僕、渡辺正実の場合は、高校の志望校を強制的に変えさせられたことが、昔は本当に親への憎悪となった。

今は、親に対しての絶対的な憎悪の気持ちはないけれど、絶対的に仲良く過ごせるかといえばそうではない。

そして、ドリームキラーの厄介なところは、両親は本当に娘のことを思って行動しているので、親自身は自分の行動は正しかったと絶対的に思っている所にある。

ドリームキラーからの影響を受けないで人生を過ごすのであれば、親から離れるしかないけど、高校生の少女がそんなことを普通はできるはずがなく、

アイドルになれないという現実を受け入れるしかない。

2次審査や3次審査で落ちていたなら自分の実力不足だと現実を受け入れることができるけど、最終審査を受けることすら許されない。

確かに、東京に行く時に親に3次審査で受かっても落ちても、帰ってきなさいと言われている。

でも、夢は手を伸ばせば掴める距離にあった。

普通であれば諦めることなんてできないはずである。

動画にもありましたが、親によるドリームキラーの発動により長浜ねるさんのアイドルとしての道は閉ざされた。

しかし・・・

長浜ねるさんは本当に悔しくて、泣きわめいたり色々して両親に思いを伝えることができたのだと思う。

僕が長浜ねるさんの両親を評価できるのは、きちんとそのあとに行動をした点は本当に評価できる。

ダメ元でも欅坂46の運営に話をして、娘の未来を切り開くことができた。

この行動が正しかったかは、長浜ねるさんが証明することであり、外野からは何もいうべきではないので割愛しますが、親の行動は結果的に正しかったのだと、長浜ねるさんには証明してほしい。

子供を信じることは本当に難しいのは事実である。

普通に生きてきた自分の子供が、果てしない夢に進もうとする時、親のコントロールの及ばないとても大きなものと立ち向かうことになるから。

でも、信じてほしい。

僕は親に信じてもらえなかったので、憎悪という気持ちを抱えながらもこれからも生きて行くのだと思う。

子供は親に信じてほしいし、認めてもらいたいし、褒めてもらいたい。

家族というのは本当に難しいからこそ、信じるということをいつまでも忘れないで子育てをしてもらいたい。

お金の問題など色々あると思うけど、子は親を選べない。

親の勝手な裁量で僕たちは生まれたのだから、親の趣味に僕たちは付き合っているにすぎない人生。

少しでも、輝いて良い家族関係を作れることを祈っている。

長浜ねるさんの選択がよかったと家族で思える日が来ることを、ファンではないけど、きたら良いなと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実(IRIS)オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実(IRIS)オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • スマホ依存の原因と解決方法は?あなたは機械に支配されている?

  • Fラン大学出身が語る、新卒で就職をしなかった人間の転職活動の現実と真実!!

  • アマゾンプライムビデオに「君の膵臓を食べたい」が追加された!!

  • YouTubeの多様性時代を生き抜くために考えるべきこと!!

関連記事

  • 乃木坂46の4期生のオーディションを受けるなら知るべきこと!!

  • アイドルになりたい人が知るべきアイドルの歴史!!

  • アイドルがデビューするとどうなるのか?大切なものを失う?

  • 乃木坂46の4期生オーディションを受けるならこれを見ろ!!

  • 山崎怜奈はあざとい?SHOWROOMの評判と胃もたれ?

  • 生田絵梨花の好きな男性のタイプ・惹かれるスキルがわかったのでまとめてみた!!