1. TOP
  2. YouTuber
  3. YouTubeの多様性時代を生き抜くために考えるべきこと!!

YouTubeの多様性時代を生き抜くために考えるべきこと!!

YouTuber
 

どうも渡辺(@masamiwatanabe)です。

最近、YouTubeの市場は多様化された時代に突入したのではないかと感じています。

大物YouTuberの動画を見ても、「ヒカキンさん」や「はじめしゃちょーさん」でも100万再生されていない動画があったりと、

チャンネル登録者数はあまりあてにならないと言いますが、これからのYouTubeの業界は、顕著にこのような状態が現れてくると思います。

この記事では、YouTuberになろうと思っている人に、令和の時代にどのようにYouTubeに向き合うべきかを書いていきます。

今、自分がYouTuberになりたいと考えていているのであれば、参入ジャンルのヒントを得ることが出来ます。

これからのYouTuberに必要なこと!!

最初にこれからYouTuberになろうとしている人に伝えたいことを書きます。

僕はYouTubeでの情報発信をしてないので、体験的なことは書けませんが、数字的に現れていることでの分析を元に書きます。

まず第1に圧倒的にコンテンツ勝負になるということは間違い無いということです。

動画のタイトルはもちろんですが、動画自体の内容も非常に重要です。

例えば、SUSHI RAMEN【Riku】さんの以下の動画は2000万回再生以上されていますが、圧倒的にコンテンツの作り込み方がすごいです。

有名な動画なので、視聴した人も多いと思いますが、これほどまでとは言いませんが、やはり視聴者が求めているコンテンツを作る、もしくは視聴者の想像を超えるような作品を作ることが大切になります。

ヒカキンさんの再生されていない動画がわかりやすいですが、動画のタイトルだけ見て結論がわかるような動画は再生されづらいです。

この動画のタイトルは、Mステ スーパーライブ2018にヒカキン&セイキン出演決定!【2年連続】ですが、Mステに出演するための報告動画ということが動画を見なくてもわかります。

2019年5月3日現在で約87万回再生と、ヒカキンさんには珍しく100万回以上再生されていない動画です。

先ほども書きましたが、「視聴者が求めているコンテンツ」、もしくは、「視聴者の想像を超えるコンテンツ」がこれからの動画作成のキーワードになります。

これからのYouTuberはどんなジャンルに参入すべきなのか?

圧倒的にコンテンツ力が必要になるということを書きましたが、一体どんなジャンルに参入すべきなのか?

参入すべきジャンルを間違うと再生数が伸びず、ビジネスとしてお金を稼ぐことは難しくなります。

人気YouTuberのようにタレント的な動画を上げる、メイクに特化する、ゲーム配信をするなど様々な方法がありますが、一体どのジャンルに参入すべきなのでしょうか?

多くの人がタレント的なYouTuberを目指しますが、僕は最初は何かに特化するべきだと考えます。

市場分析をした上で動画の再生ボリュームがそれなりにあるジャンル、自分が毎日動画のネタを作るとしてもやっていけそうな業界を探して、ひたむきに努力することをおすすめです。

ジャンルとして何個か考えたので、以下から詳しく解説していきます。

もちろんお金を稼ぐことよりも、自分が発信したいことを動画にすることの優先順位が高いのであれば、やりたいことを動画にすれば良いのでジャンル選定をする必要はありません。

人気YouTuberになりたい人も、タレント的な動画を上げる必要があるので、何かに特化する必要がないかもしれません。

あくまで、今回のジャンル選定は動画投稿でお金稼ぎをしたいという人が参考になると思います。

ピアノ演奏系

ピアノ演奏系では、弾き逃げというジャンルで再生数が伸びています。


このYouTubeチャンネルは、登録者約6万人弱のチャンネルの運営者であるにも関わらず、200万回以上再生されています。(2019年5/8日現在)

3月は卒業の季節ということもあり、レミオロメンの「3月9日」は再生されやすい曲です。

卒業シーズンに別れの曲を様々な年代の人が視聴することは容易に予想想像することができます。

そのほかにも登録者3000人弱のチャンネルの運営者が、30万回以上再生されているなど、ピアノ演奏系は結果が非常に出しやすいジャンルです。

ピアノが弾けることが前提となるので参入できる人は限られますが、新規参入しても良いと判断できるジャンルです。

1番の懸念点は、ピアノの演奏でお金が発生する場合は曲の使用料が必要になり、無断で使用していたら著作権侵害になります。

スキルがあれば参入しやすい反面、マネタイズをするのは難しいです。

YouTubeをきっかけに、他の方法でマネタイズしたり色々考えることが出来ますのでやり方次第。

動画のタイトルも有名アーティストの曲の名前にすれば良いので、動画が上位に表示されれば右肩上がりに再生数を伸ばすことが出来ます。

ピアノは参入障壁は高いですが、卒業式などの素人が撮影した合唱風景なども、同様に一定の再生数を誇るジャンルになりますので、音楽系はマネタイズは難しいが再生数を見込むことが可能です。

以下の卒業式の合唱動画は僕が見た段階では約358万再生されていました。

ペット系、動物系動画

ペット系、動物系の動画は安定的に再生数が見込めるジャンルになります。

様々な方法が想定されますが、例えば猫に特化して様々な動画をまとめることや、自分が飼っているペットに出演してもらい、日常の風景を撮影するなど方法は様々です。

動物に癒されたいという需要は世界的にありますので、日本だけではなく海外からの再生も見込むことができるのが動物系動画の魅力になります。

↑シベリアンハスキーの文太は成功している事例の代表です。

リスクとしては、現在、ペットを飼っていない場合、動画の撮影のために新しくペットを向かい入れる必要があり、今までかからなかった固定費がかかります。

ペットを飼いたいと以前から思っていたのであれば良いですが、動画撮影のためにペットを飼ったはいいものの、再生数が見込めないとなると経費だけかかって赤字になってしまいます。

競合も多いジャンルになるので、やはり工夫は必要です。

動物園の動画をただ撮影しただけでは、なかなか再生数を伸ばすことは難しいのはいうまでもありません。

そして、動物のおもしろ動画のような映像なんて、そう簡単には撮影することは出来ないので、ペット系、動物系のジャンルに参入するのであれば多くの思考が必要になるかと思います。

しかし、圧倒的に再生されやすい業界ではあるので、挑戦する価値のあるジャンルであることは間違いありません。

分析してもわからなかった事例として、動物園のライオンの動画があるのですが、チャンネル登録者1万人以下にも関わらず、400万回以上再生されている動画がありました。

動物系の動画は、何かの拍子に大ヒットを狙えるジャンルだとこのライオンの動画を見て思いました。

しかも、自分が出演しなくても良く、動物園の動画を色々アップするという方法でも、もしかしたら大成功できる可能性があるのでとても魅力的なジャンルです。

乗り物系動画

鉄道マニア、鉄道オタクなど色々な呼び方がありますが、乗り物に関する動画もヒットを狙える可能性があるジャンルです。

以下の動画は400万回以上再生されているのにも関わらず、チャンネル登録者数は約3万3000人です。

僕は札幌市に住んでいますが、札幌市の地下鉄をただ撮影した動画でも、10万回以上の再生がされています。

鉄道好きや乗り物好きの人の需要は多いので、参入しても良いと言えるジャンルだと思います。

今回の3つの事例は、チャンネル登録者数は少ないにも関わらず、何十万再生、何百万再生を狙えるジャンルとして今からでも参入できる分野です。

自分自身が出演しなくても良いので、YouTuberの従来のイメージとは異なるかもしれませんが、ビジネスとしてお金を稼ぐのであればオススメのジャンルです。

自分が出演して何かの説明をするでも良いですし、やり方はたくさんありますが、少ないチャンネル登録者でも何百万再生を狙うのことができます。

大前提にジャンル選定を間違ったらお終いなので、きちんと参入するジャンルのアクセスボリュームくらいは調べる必要があります。

以上の例の3つ以外にも、再生されているジャンルはたくさんありますので、自分が続けられることでアクセスを見込めるかは調べてみてください。

YouTubeで参入すべきではないジャンル!!

YouTubeで個人的に参入をオススメしないジャンルについてこれから綴っていきます。

オススメはしないが、自分がどうしても発信したことがあるコンテンツがなのであれば参入しても問題はありません。

あくまで、ビジネスとしてお金を稼ぐには難易度が高いのではないのかという僕の判断の元のまとめです。

アイドルをコンテンツにするYouTuber

好きなことを仕事にということが言われますが、アイドル好きだから、アイドルをコンテンツとして情報発信をする人がいます。

乃木坂46や欅坂46をコンテンツにする坂道系YouTuberという方がいますが、この坂道系YouTuberで成功している人はほぼいません。

以下の動画がわかりやすかったので、シェアします。

↑この動画内でも言われていますが、成功しているのは江崎葵/あおまるさんという方だけだと思います。

しかも、成功要因がビジュアルとか他の要因があるかと思いますので、ただのオタクの男性の坂道系YouTuberで成功している人は皆無です。

男性で上手くいっている人でも、チャンネル登録者1万人が現在の限界値です。

この江崎葵さんも、2017年の7月に動画投稿を始めていますので、約2年間の活動でチャンネル登録者数は8万6000人です。

8万人以上のチャンネル登録者数は十分すごいのですが、大成功しているかと言われれば、まだまだこれからの人なのではないかと思います。

そもそも、乃木坂46好きな人はアイドルが好きなのであって、自分が応援しているアイドルの情報が欲しいわけであり、自分の好きなアイドルを解説している人の動画なんて正直どうでも良いです。

以上のことから、アイドルが好きで情報発信をしようとしている人は慎重に考えた方が良いかと思います。

乃木坂46の情報で情報発信をするのであれば、ブログやサイトを活用して、アイドルのメンバーに関する情報をまとめた方が圧倒的にマネタイズをすることは可能です。

動画よりも別の方法を活用した方が圧倒的に結果を出すことは出来ると思いますので、アイドル系の動画での情報発信はオススメしません。

スポーツ系YouTuber

テニスを例にしますが、テニスの情報発信でうまくっている人もほとんどいません。

業界内でトップは以下のチャンネルです。

この動画は2018年8月11日に公開された動画で、2019年5月7日で約25万回再生されている動画になります。

やはり、業界トップですので成功はしていると思いますが、個人的に難易度は非常に高く、スポーツ系YouTuberとして成功することはかなり難しいです。

というのも、自分自身が人に教えても説得力のある実力があること、そして、現在もそのレベルを維持し続けなければなりません。

プロに出演してもらうということもアイデアとしてありますが、出演料など色々と初期費用がかかりますので、参入するのに敷居が高いと感じる人もいると思います。

また、スポーツの技術に関しては、自分が教わっているコーチの助言を元に成長しようとする人が多いので、動画を見て勉強すると人もあまりいないのではないかとも思います。

もちろん、「凄技」とか色々考えることはできますが、自分自身が相当な実力がなければならないなど、参入することは難しいジャンルであると思います。

以下の動画は、野球の動画で30万回以上再生されていますが、

このような動画をあなたが作り続けることができるのかで、参入すべきかの判断ができると思います。

あとは、競技レベルがものすごいレベルにあっても、例えば「カーリング」などの競技人口のそれほど多くない競技だと、そもそも見込み客が少ないので、お金を稼ぐことは難しいです。

YouTubeでカーリングと調べれば再生数がどれくらいなのかがわかります。

この動画はカーリングの凄技動画ですが、2019年5/8現在、約2万5000再生くらいでした。

プロの野球やサッカーなどの凄技映像は何百万再生とか普通にされますので、このような結果から、カーリングは視聴者の絶対数が少ない分野と判断できます。

どんなにカーリングが好きであったも、ビジネスとしてお金を稼ぐことは難しいです。

もちろん、カーリングの魅力を伝えるために、YouTuber活動をしているという目的があれば良いですが、ビジネスとしては参入することはオススメできない分野になります。

知識や経験をコンテンツとして発信するYouTuber

先ほどのスポーツもそうなのですが、自分の知識や経験をコンテンツとするYouTuberがいます。

プログラミングなど様々なものがあり、知識をネタとするのでお金もかからずにコンテンツを作ることができるので、圧倒的に参入障壁は低いです。

ですが、正直、知識や経験をコンテンツにしてマネタイズすることはかなり難易度が高いと思います。

人から何かを学ぶ時に、何を言っているのかではなく誰が言っているのかというのが非常に大切です。

肩書きとか、実績とか説得力があるのであれば良いですが、何もないただの人間であれば知識や経験をコンテンツとして発信することは難しいと思います。

本の紹介動画とかを作っている人がいますが、お前誰だよ・・・と最初に見たら思います。

知識やコンテンツは難易度が高いので、練習過程を動画にすることも考えることができますが、毎日、行動し続けないのといけないので、この方法も大変であることは間違いないです。

練習の過程で以下の動画は400万回以上再生されています。

知識やコンテンツで情報発信をしたければ、何者かになる必要がある、もしくは練習の過程を公開するというのが成功する要因だと思います。

どちらも難易度が高いので、参入する分野としてはオススメしませんが、すでに何者かになっている人であれば、多くのチャンスがあるのではないかと思います。

以上、オススメしない3つのジャンルについて書いてきましたが、やり方次第でいくらでも工夫の仕様があるので、難易度は高いかもしれませんが、

特に知識や経験をコンテンツにするYouTuberは成功すれば、1つの地位を築けると思います。

そもそもYouTuberの絶対数が増え、多様化されて時代になった現在のYouTubeの業界で、目立つことは本当に大変になりました。

ですが、工夫次第ではまだまだ可能性のある業界だと思います。

生き残るためには、視聴者が求めているコンテンツ、もしくは視聴者の想像を超えるコンテンツの作成が必要です。

コンテンツ勝負になることは間違い無いので、1つの動画も妥協せず作り続けることが必要になると思います。

とりあえず、最初は、動物園で動画をたくさんとってアップするなど、とにかく行動してみて、簡単に再生数は伸びないことがわかるのと思うので、

どのようなコンテンツを作ったら再生されるのかを検証してみてください。

ライバルがたくさんいるので、大変だと思いますが、まだまだ可能性のある業界なので、挑戦する価値はとても大きいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

映画・ドラマいろいろまとめ・・・たまに乃木坂46についての注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

映画・ドラマいろいろまとめ・・・たまに乃木坂46についての人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • スマホ依存の原因と解決方法は?あなたは機械に支配されている?

  • Fラン大学出身が語る、新卒で就職をしなかった人間の転職活動の現実と真実!!

  • アマゾンプライムビデオに「君の膵臓を食べたい」が追加された!!

  • YouTubeの多様性時代を生き抜くために考えるべきこと!!

関連記事

  • 札幌のコメダ珈琲を利用する際の注意点と価格差について!!

  • 世界平和は無理なのか?実現する方法を真剣に考えてみた!!

  • 山崎怜奈はあざとい?SHOWROOMの評判と胃もたれ?

  • スマホ依存の原因と解決方法は?あなたは機械に支配されている?

  • 石原さとみの彼氏前田裕二の経歴は人生の勝算で語られる以上に深い!!

  • アマゾンプライムビデオに「君の膵臓を食べたい」が追加された!!