1. TOP
  2. あの頃、君を追いかけた
  3. あの頃、君を追いかけたの札幌舞台挨拶上映会に行ってきた!!

あの頃、君を追いかけたの札幌舞台挨拶上映会に行ってきた!!

 2018/09/11 あの頃、君を追いかけた
 

どうも渡辺正実です。

2018年9月11日に札幌で、山田裕貴さん、齋藤飛鳥さんが出演する映画、「あの頃、君を追いかけた」の札幌舞台挨拶上映会に行ってきたので、レポートとしてまとめていきます。

舞台挨拶の内容と、本編の内容をネタバレを含みながら書くので、ネタバレが嫌な人は舞台挨拶の様子だけでも記事を読んでいただければ嬉しく思います。

ネタバレは別記事に書くことにしたので、出来次第追記します。

ネタバレやレビュー、感想などは以下の記事にまとめています。

「あの頃、君を追いかけた」の札幌の舞台挨拶の様子は?

さて、舞台挨拶の様子を書いていきますが、札幌の舞台挨拶はMCの方が質問を投げかける形式で始まり、特別に質問タイムということで、お客さんが実際に質問する2つの形式で行われました。

まずは、MCの方が質問を投げかける形式について、一問一答といった形式でまとめます。(MCは札幌のフリーアナウンサーの若林聖子さんが務めました。)

まず最初の挨拶という形で、監督の長谷川康夫さんから、北海道出身ということもあり、地元に帰ってきた気持ちでいる。

続いて山田裕貴さんは、見てもらわないと映画の良さが伝わらないので、今回見にきていただけて嬉しい。

最後に、齋藤飛鳥さんは質問タイムもありますし、ガチガチせず時間を過ごしたいと。

冒頭からそうなのですが、北海道で地震があったということもあり、大変な中・・・など、労いの言葉で始まり、少し重苦しい空気がありました。

続いて、「あの頃、君を追いかけた」は台湾で10人に1人が見たと言われる、大ヒット映画をリメークしたものになりますが、プレッシャは感じませんでしたか?という質問に対して、

山田裕貴さんは、「大ヒットしたということは、それだけ面白いのは確かなので、プレッシャーは感じなかった」。

そして「面白い設計図がたくさんあるので、みんなが報われる映画になればいい」とおっしゃられていました。

齋藤飛鳥さんは、「お話を頂いた時、お芝居の経験も少ないですし、映画も初出演ということなので、不安だった」と述べていました。

ですが、男性キャストの方が常に元気だったそうで、朝、低血糖で眠たい齋藤飛鳥さんからしたら元気をもらえたそうです。

男性キャストは、朝に音楽をかけて踊っていたそうで、齋藤飛鳥さんは、少しうるさかった・・・と会場に少し笑いが起き、和やかなムードになりました。

長谷川監督もどんな内容の質問だったか忘れてしまいましたが、山田裕貴さん、齋藤飛鳥さんを選んでよかったと述べていましたので、監督としてもいい作品になったと思っていると感じました。

MCの質問はこのような感じで、次に質問コーナーにいきます。

札幌舞台上映会での質問コーナー

質問1 台湾で撮影が行われたと思うのですが、美味しいかったものなど教えてください。

長谷川監督が「屋台などはいいです」と。

質問2 ポニーテールと髪を下ろしたのどちらが好きですか?

山田裕貴さんと齋藤飛鳥さんは「ポニーテールの良さがわからない」とおっしゃっていて、齋藤飛鳥さんは、「普段は滅多にポニーテールなんてしない」と。

長谷川監督は「自分は断然ポニーテール派です」と、ここでも笑いが起こり、主人公の気持ちがよくわかると述べていました。

MCの方が、ポニーテールの良さは何ですかね・・・とお客さんに問いていると、お客さんが、首元が見えるところです・・・と発言している人がいました。

キャストの方や監督の方も「ああ・・・・」と言った感じでした。

問3 北海道にまた来てくれますか?

長谷川監督は、地元なのでまた来ますと。

続いて、山田裕貴さんは、朝ドラで北海道が舞台になるのでまた来ますと。

最後に齋藤飛鳥さんは、写真集の一部を北海道で取っているので思い入れがありますと述べていました。

この質問者の方は、齋藤飛鳥さんのファンのようで、自分は「飛鳥ちゃんを見にきました」と堂々と語っており、MCの方から、こんな質問で大丈夫ですか?とも言われていました。

問4 ウエディングドレスを着れてどうでしたか?

齋藤飛鳥さんは、「ウエディングドレスに憧れはない」と、「でも、ドレスを着ながら歩くのが難しかったです」とおっしゃっていました。

山田裕貴さんは、「綺麗でした」と述べていましたが、齋藤飛鳥さんに「嘘っぽい」と突っ込まれていました。

最後に齋藤飛鳥さんは、「ウエディングドレスで歩くのは難しかったけど、映画で練習になったので、いつでも結婚できます」とおっしゃられていました。

問5 映画についての見どころ的なこととSNSで広めたいんだが

山田裕貴さんは、思ったままに書いて欲しいと。

齋藤飛鳥さんは、今の時代、タイムリープなどの作品が流行っていますが、あえてこういう戻らない作品もいいのではないかと思いますと。

最後に長谷川監督が、主要の登場人物は7人いますが、好きな子をみつけて欲しいとおっしゃっていました。

そして、乃木坂46の齋藤飛鳥さんが舞台挨拶に登場ということでしたので、この舞台挨拶のお客さんは若い男性の方が多かったのですが、

監督が、この会場では若い方が多いですが、この映画は年配の方も「あの頃」を思って、良かったと思っていただければと思っっているとおっしゃっていました。

最後に締めの挨拶として、ちょっと集中力が持たずあまり最後の話は聞けてないのですが、山田裕貴さんは、映画の撮影中は頑張れるのですが、皆さんに「見てください」というのが苦しいと。「心から響け」と言った気持ちでいるとまとめていました。

齋藤飛鳥さんは、映画初出演で、「こいつダメだな・・・」と思われるかもしれませんが、SNSで書くときに、自分の感想の後に「最高だった!!」と書いてくれれば嬉しいと話されていました。

監督のまとめの話は、疲れて聞き逃したのでごめんなさい。

以上が「あの頃、君を追いかけた」の札幌舞台挨拶上映会に行ってきた舞台挨拶のレポートになります。

ちょっと疲れたので、本編のネタバレや台湾版と比べての感想は別記事に書きます。

以下、別記事にてネタバレなどを書きましたので、読んでいただけると嬉しいです。

「余談と独り言」

僕自身、映画の舞台挨拶に参加するのは始めただったのですが、出演者の影響力によって舞台挨拶の色が変わるのではないかと感じました。

というのも、齋藤飛鳥さんが登場するということもあり、乃木オタが集まるのは当たり前のことなのですが、齋藤飛鳥さんが退場する時に、タオルを掲げている人も結構いました。

乃木オタが多いのは別に問題ないのですが、民度を下げるような乃木オタも絶対にいるわけで、質問タイムの時に、やたらと奇声をあげて当ててもらおうとしている人もいましたし、「一生のお願い」などと言って目立っている人がいました。

MCの方にも、ここで「一生のお願いを使いますか?」と突っ込まれていましたが、結局、乃木坂46のファンというだけで、偏見で見られる可能性は強くなるので、

やはり常識ある行動は必要であり、誰かのファンをしているなら、民度のある行動は必要だと改めて感じました。

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • 西野七瀬の卒業発表を聞いて感じた率直な思い!!

  • 乃木坂46のアンダーライブ2018〜北海道シリーズに参加する人の、不安な点を解消するためのまとめ!!

  • 齋藤飛鳥の札幌舞台挨拶での出来事に対する、モバメでの苦言を、実際に参加した人間の視点でまとめてみた!!

  • 「あの頃、君を追いかけた」日本版のネタバレと感想、レビューをまとめた!!

関連記事

  • 齋藤飛鳥の札幌舞台挨拶での出来事に対する、モバメでの苦言を、実際に参加した人間の視点でまとめてみた!!

  • 「あの頃、君を追いかけた」日本版のネタバレと感想、レビューをまとめた!!