1. TOP
  2. 自己分析
  3. 写真撮影が嫌いな人の心理と言ってはいけなNGワード

写真撮影が嫌いな人の心理と言ってはいけなNGワード

顔出しNGブロガーの渡辺正実(@masamiwatanabe)です。

僕は顔出しNGと名乗っている通り、ぼくは写真が本当に嫌いです。

それくらいいいでしょ!!思い出に・・・とか言われることがありますが本当に不快です。

あまり理解されずらい事かもしれませんが、写真が嫌いな人の心理を少しでも理解していただけると嬉しいです。

なぜ写真が嫌いなのか?

ぼくが写真を嫌いな理由は主に2つあります。

1つ目の写真が嫌いな理由は、自分の容姿にコンプレックスがあるからだと思います。

中学生の時は、小島よしおに似ていると言われ、全く知らない中学校の他のクラスの人間からもからかわれる対象になりました。「そんなの関係ねー」「はいおっぱぴー」とやって?など何回言われたことか・・・

その当時のぼくはキレキャラだったので、そのたびにキレてましたけど。

中学生活が終わり高校生になると、高校生の時のあだ名は猿岩石と言われたり、これは別に嫌ではないですがツォンガと言われていました。

ツォンガは、フランスのテニス選手でジョー=ウィルフリード・ツォンガ選手が由来。かなり濃いめの顔の選手です。

この動画からもわかりますが、ツォンガ選手は本当に面白いし人間的にも素敵な人なので、このあだ名は気に入っていますが、顔が濃いことをいじられる対象になりました。

以上のことから自分の容姿に対して、マイナスのラベルみたいものをつけている感じです。

もちろんイケメンではないことはわかっているし、顔は整形しないと変わらないことはわかっているので、特に手術してまで顔を変えたいとは思いません。

ですが、学生時代に受けた容姿に関してのいじりや、明らかにプラスの意味ではつけていないあだ名をつけられることで、自分の容姿に対して徐々にプラスの感情を持てなくなりました。

昔の写真を見ると、どれも不細工だと思ってしまいますし、写真を破り捨てたいと日常的に思います。

次に写真を嫌いな理由2つ目ですが、そもそも活用理由がないということです。

写真をとったからなんか意味あるの?と正直思っています。

将来家族ができたとしても、家族の集合写真は、僕はどうでも良いかなと思っています。

思い出とか、記念とかそう言ったものに対して情熱はありません。

ぼくは旅行にもほとんど行かないのですが、旅行に行ったからと行って景色に感動することもなければ、美しい風景を見ても特に感じることはありません。

日常的に調和を求めて生きているので、何も起こらなければ特に問題ないと思っています。

吉野家の牛丼を食べることができれば幸せだし、コンビニ弁当とか食べていても満足することができます。

3大欲求の「性欲、食欲、睡眠欲」が満たされていれば特に不満がありません。

いわゆる不感症状態だと思います。

言ってしまえば自分の心がないので、特に何も感じることがない究極的にやばい状態にあるのかもしれません。

写真を取るということは、南カリフォルニア大学、イェール大学、ペンシルバニア大学の共同研究によって、経験のポジティブな側面を強める上で写真を撮ることが有効であることが研究によってわかっています。被験者2,000人に対して行われた9つの実験から成る研究成果として、写真を撮ることが経験にどのような影響をあたえるのかを実際に調査が行われました。

研究結果から言えることは、写真はポジティブな体験を残すために撮られることが多く、人をポジティブにする効果があるそうです。

僕はネガティブ思考の人間でかつ内向的なので、パリピかとでもないですし、ポジティブな体験を残したいと思う機会すら少ないのだと思います。

そして、自分の容姿に対しては本当に映るのが嫌なので、被写体にはなりたくないということです。

写真の活用意味がわからないプラス、被写体になるのが本当に嫌であるということで、写真が究極にマイナスでしかないというのは僕の中で確立されてしまったのだと思います。

写真NGの人間に対するNGワードと取扱説明書

写真がNGの人間にとって写真というのは本当に不快でしかありません。

色々な考え方の人がいると思いますが、僕が感じていることを赤裸々に書きます。

Q写真が嫌いというが他の人は写真をとってもいいのか?

A僕に関しては自分自身が映らなければなんの問題も感じません。集合写真とか自分が映るような写真が嫌いなので、僕抜きで写真を取ることに関してはどんどんやってくれて問題ないと思っています。

Q誘うのすらNGなの?

A基本的に一緒に写ろう、写真撮ろうと言われることは不快でしかないので、誘わないでいただきたいです。仲の良い関係だど写真撮るけどもちろん写らないよね?とか言ってくれるとありがたいです。

カメラマンとかはするので、僕が撮ろうかと提案などもします。

Q撮らないと空気が悪くなるような場合でも撮らないの?

A基本的に集団で撮る時には逃げるので、勝手にいなくなります。それは空気が悪くならないようにするための配慮ですので、探さないようにしていただけると大変ありがたいです。

Q恋人などの関係でも写真を断るの?

A基本的に断ります。どうしても撮りたいと言われても拒否します。それで別れることになっても価値観が違うのでしょうがないと思っています。写真を撮るべき理由は聞きますが、そのオファーに対して魅力的でなければ即拒否します。

Q周りが配慮してくれると嬉しいことはある?

Aどうしても断りずらい局面は必ずあります。目上の人とか・・・

もちろん静かにその場から消えるのですが、難しい場合もあるので、僕が断っても空気が悪くならないように助けてくれると本当にありがたいなと感じます。

以上がQ&Aという形で作りましたが、僕自身が感じていることなので誰が撮ろうと写真が大嫌いという人もいると思います。

ピースとかなんて、何年もしていませんし、自分が写っている写真は行政などのサービスや面接の為にやむなく撮影した写真以外は存在していないと思います。

たかが写真と思われるかもしれませんが、本当に嫌いな人は嫌いなので、その点を少しでも理解していただけると大変嬉しく思います。

\ SNSでシェアしよう! /

映画・ドラマいろいろまとめ・・・たまに乃木坂46についての注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

映画・ドラマいろいろまとめ・・・たまに乃木坂46についての人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • スマホ依存の原因と解決方法は?あなたは機械に支配されている?

  • Fラン大学出身が語る、新卒で就職をしなかった人間の転職活動の現実と真実!!

  • アマゾンプライムビデオに「君の膵臓を食べたい」が追加された!!

  • YouTubeの多様性時代を生き抜くために考えるべきこと!!

関連記事

  • 欅坂46の「世界には愛しかない」のMVの危険性について批判的に書く!!

  • ある程度で成長が止まってしまう人が行なっている思考とは?

  • エッセンシャル思考の感想と何が一番大切か?

  • やりたいことが見つからないと思っている人へ

  • 友達が少ない人間はとことん信用できる!!

  • AbemaTVから10万円もらった話と使い道