1. TOP
  2. 吉本坂46
  3. 吉本坂46が結成される背景には吉本興業の大改革があった?

吉本坂46が結成される背景には吉本興業の大改革があった?

 2018/04/05 吉本坂46 坂道グループ
 

坂道シリーズの第3弾として結成される事が決定している吉本坂46について、キングコング西野さんの発言、そして西野さんと吉本興業の社長の大崎さんが話した内容から推測される事についてまとめていきます。

なぜ、このタイミングで吉本興業がこのような事を仕掛けるのかについてまとめていきますので、かなり深く、芸能の現在の状況について理解できるようになります。

今回の吉本坂46の結成について紐解く為に1つ知らなければならないことがあります。

1つ質問ですがあなたは、吉本興業が現在抱えている深刻な問題を知っていますか?

吉本興業が抱える深刻な問題と解決策!!

現在吉本興業は6000人のタレントを抱えています。

6000人もいるとどういう事が起こるのでしょうか?

飽和する、仕事が行き渡らないなど色々な事が想像できますが、まさにあなたが考えた通り、6000人全員に仕事を供給することは不可能になります。

市場価値の高い人から順に仕事を取りやすく、無名の芸人は目が出ないまま引退する人もいますし、かなり多くの芸能人がアルバイトなどで生計を立てています。

優秀なマネージャが営業をして仕事を取るなど、将来設計がきちんとできている芸人なんて本当に一握りです。

そして、不人気の芸人は仕事をもらえないので、ファミレスで働く人もいれば、コンビニで働く人もいます。

このような状況だと結局、貴重な時間を他の企業にさく事になるので、吉本興業としては儲ける事ができません。

まあ、売れない役者や芸人はアルバイトをして生計を立てることは普通のことではと思われるかもしれませんが、結局テレビのパイは決まっていますので、

吉本興業で誰かが売れれば誰かの仕事がなくなるという、決して良い循環でうまく回すことは不可能になります。

したがって、吉本興業に利益をもたらしてくれる芸人が増えないという事です。

ではどうすれば良いのか?

1つ、最近吉本興業が行なった事として、SHOWROOMでの個別配信を大体的に行うという事があります。

これは、AKB48と同じ戦略ですが、テレビには出れないけどネットの生配信をすることで、接触頻度を増やす事でコミュニティーを形成し、普通のファンより上のサポーターという立場の人間を作り、

応援してもらうという直接課金という形で利益を得ようという行動に出ました。

SHOWROOMに関しては、まだ機能はしていませんが、これから先SHOWROOMで大きなコミュニティーを形成し、売り上げでは月額100万円を超える人もおそらくは現れると思います。

そして、このSHOWROOMと相性がいいのがアイドルになります。

AKB48が終わったと思われる人が最近では多いですが、AKB48グループはSHOWROOMで年間10億円もの利益をあげていますので、

SHOWROOMとアイドルを組み合わせる事で、莫大な利益をあげる事ができます。

吉本興業もこのアイドルとSHOWROOMの相性の良さを利用して、売れない芸人でも頑張れる場所を提供し利益をあげようとする戦略を取ろうと考えていると思われます。

まあ、吉本坂46がアイドルグループなのかは疑問ですが、一応アイドルというくくりで考えると相性が良いのは確かです。

話はそれてしまいましたが、ここからが本題。

アイドルとSHOWROOMが相性が良いということを書きましたが、アイドルの良さはもう1つあります。

個人で活動するより、グループで活動した方が箱推しといってグループを応援してくれる人が、自分のファンになってくれます。

アイドルの用語として個人を応援する単推し、グループを応援する箱推しというのがありますが、グループの他のメンバーのことが好きであっても、

基本的に箱推しということで自分に興味を持ってもられる可能性あります。

例えばですが、乃木坂46のメンバーが配信しているというだけでSHOWROOMを視聴しようと考えるファンもいるように、

吉本坂46のメンバーというだけで興味を持ってもらえる可能性も高まりますので、現在売れてない芸人でも人気を得ることが従来の方法よりも可能になります。

そして、乃木坂46であれば活躍の場があまりないアンダーメンバーと言われる、CDの表題曲を音楽番組で歌えないようなメンバーでさえも、

ライブや握手会など、定期的に仕事を供給することが可能になりますので、グループアイドルというのは仕事を作り出す上でとても効果的だということです。

そして、吉本興業は現在勢いのある坂道グループに目をつけ、乃木坂46や欅坂46に相乗りする形で効果的に芸人に仕事を作り出すという戦略にでました。

これは賛否両論あることは確かです。

僕自身もなんでこんなものを作るのか?と疑問に思いました。

しかし、デメリットだではなくメリットも将来的にはあるのではないかと思ったので、次にメリットをデメリットを書いていきます。

吉本坂46の坂道グループに与えるメリット・デメリット

メリット

1番のメリットは、新たなファンの層に対しアプローチができる点。

特に、アイドルは好きではないけど芸人が好きだという人に対して、坂道グループってなんだ?と思うきっかけになってもらい、新しい客層を乃木坂46や欅坂46に流入させることも可能です。

また、吉本坂✖乃木坂、吉本坂✖欅坂というような相乗効果を期待できる可能性もあります。

バナナマンが乃木坂46の魅了を引き出したように、芸人で話が上手い人が、さらに乃木坂46や欅坂46のメンバーを引き立てる可能性もあります。

また、女性アイドル市場だけで戦う従来のAKB48は世代交代に失敗したことで、現在ではテレビに出演することが難しくなりました。

しかし、吉本坂46のようなグループがあることで、もし、乃木坂46や欅坂46が衰退してきても、他の市場で戦っている吉本坂46の力を借りることで再浮上のきっかけになる可能性があります。

デメリット

乃木坂46や欅坂46のファンにとって1番のデメリット、危惧していることは芸人が乃木坂46や欅坂46のメンバーに手を出すことです。

ファンからしたらとんでもないツイートをして、芸人の炎上騒動なども起きていましたが、熱愛などを危惧するのは当然のことでしょう。

また、アイドルファンは芸人などを基本的に信用していない人も多いので、坂道グループに芸人のグループがあること事態拒絶反応を起こす人もいることでしょう。

結局どうなるかなんて始まってみないとわかりませんが、2、3年後にこの結果は出ると思いますので、どうなってるのかその時に思ったことを発信すれば良いので、ここでは割愛します。

最後に、大崎社長とキングコング西野亮廣さんがこれからやろうとしていることについてまとめます。

芸人が仕事を取りに行く時代

最後は吉本坂46とは関係のない話ですが、時代が変わり始めていますので、最後まで読んで損はないのでこのまま読み進めていただければと思います。

最初に、6000人に仕事を供給することは不可能であると述べました。

その解決策としてSHOWROOM、吉本坂46などの試みが行われました。

そして、この2つ以上に吉本興業が仕掛けることとして、芸人自身が仕事を取りに行くというプラットフォームの開発というのが行われる可能性があります。

キャンプファイヤーというクラウドファンディングをサービスにしている会社がありますが、

この会社は、個人が支援を募りその集まったお金に対して手数料を取ることで収益をあげています。

いわゆる、場を提供し手数料を稼ぐビジネス。

メルカリやヤフオクなども手数料ビジネスですので、ここでは構造状は同じと考えていただければと思います。

そして、芸人がキャンプファイヤーのような吉本興業が開発したプラットフォームで仕事を募集して、仕事を自分で取りに行き、吉本興業は場を提供し手数料を稼ぐことで儲けようと計画しているようです。

キャンプファイヤーのように、何かをしますので資金を募ってくださいというような、

芸人自身が例えばですが、僕の1日を1万円で売りますみたいなことをすることで仕事を取りに行くということが行われる可能性があります。

そして、仕事を芸人が自分で獲得し、手数料を吉本興業が得るということが考えられているようです。

自分で仕事を取ってきて吉本興業に手数料を引かれたそんなんじゃないの?と思うかもしれませんが、

集客というのはとても難しいです。

僕たちが不用品を売ろうとした時に、Amazonやメルカリなどで販売をしますが、

大企業の集客力があるから僕たちは不用品を出品しても売ることができますが、もしAmazonの力もメルカリの力も借りずに売ろうとしたら相当大変だということです。

フリーマーケット売るとかそんな感じになってしまうでしょう。

プラットフォームの開発、もし、吉本興業がAmazonやメルカリのように素晴らしい場を提供することで、芸人と吉本興業自体がWIN-WINの関係になることができます。

ここまでお伝えしてきた吉本興業の新しい構想は、キングコング西野亮廣さんが、「革命のファンファーレ10000部プロジェクト飲み会」で言っていたことですで、

西野亮廣さんのこれからやることとして、1つ、吉本興業を盛り上がるというのがあるそうです。

芸能事務所がこれまで通り、6000人に仕事を供給することは不可能。

だから、発想を変えて6000人が仕事を取りに行く時代。

色々な芸人に仕事を頼めるということで、素人が簡単に芸人などのプロに仕事を頼めるというのはかなり良いのではないでしょうか?

例えば、文化祭で芸能人を呼ぶとかはその高校がどれだけ優秀にもよりますが、有名芸能人であればスケージュールを抑えるのは苦労します。

しかし、仕事を依頼することができるプラットフォームがあれば、その芸能人の1日を抑えることができます。

これまでの芸能事務所が仕事を持ってくる時代から、芸人自身が仕事を取りに行く時代。

そして、吉本興業は手数料を稼ぐビジネスへと転換していく。

以上のことが吉本興業の改革として行われたこと、そして行われる可能性があることです。

吉本坂46も吉本興業の改革の1つに過ぎないということになります。

これから吉本坂46ができたときに坂道グループがどうなるのかわかりまえんが、坂道グループ全体が良いように発展していけば良いと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飲食店のネット集客がうまくいかない人に知ってほしい簡単な集客の方法!!

  • ただ可愛いだけの心の弱い子はすぐに芸能界から消える!!

  • アイドルがデビューするとどうなるのか?大切なものを失う?

  • 運がいい人になるために必要なことをまとめた!!

関連記事

  • 乃木坂46のファン・乃木オタに本当は教えたくない丸秘情報