1. TOP
  2. 人間関係
  3. 就活すると人の末路となぜ就活をすると性格が悪くなるのか?

就活すると人の末路となぜ就活をすると性格が悪くなるのか?

どうも渡辺です。

この記事では就活についてのことを書いていきます。

先月から僕自身が就活して感じたこと、そして、僕の母親も就活をしていて家庭内で起きた変化などについて書いていきます。

この記事を読むことで、就活について深く考えるきっかけになると思います。

就活をするとなぜ性格が悪くなるのか?

僕自身が最近感じていることですが、就活は人の性格を悪くすると感じています。

最初に僕自身の就活のイメージを伝えると、就活はできればやるものではないと思っています。

なぜ就活はすべきではないのか?

一番はある意味では病気になるからです。

どういうことかというと、落合陽一さんと堀江貴文さんがラジオかテレビか忘れましたが、対談している時に話していた内容ですが、

就活はPTSD(心的外傷ストレス障害)になり、やばいものがインプリントされると話していたことがあります。

就職活動をした学生はその時から目が変わり、初任者研修でさらにやばいものがインプリントされ、そこでインプリントされた労働者根性によって、

けっして戻ることができない場所に突入してしまうことが考えられます。

そんなことあるわけがないと思うかもしれませんが、明らかに就活する前と、就活した後では人間の性格などは確実に変わると僕は感じています。

就職活動は、エントリーシートの段階で学歴フィルターで落とされたり、面接に進んだとしても落とされたりと、内定をもらってある意味合格するよりも、不合格になることの方が多く経験する可能性があります。

人間の感情的に、不合格は心地が良いわけがなく、それが続くことによって自分は社会では必要ない人間なのではないかと思うようになる人もいます。

そして、就活を元にうつ病になる人もいれば、就活を機にもっと残酷な結末を選ぶ人もいます。

しかし、その一方で責任を自分に求めるのではなく他人へと攻撃する人もいます。

人間は自分のキャラクターを自分で決めるということを聞いたことはないでしょうか?

自分が何かをできなかったときに言い訳を考える人がいますが、このような人は自分は本当はやればできる人間であると、自分の中でキャラクターとして作り出します。

そのような人は自分が失敗した理由を自分の努力不足ではなく、外的な何かの要因を理由にします。

例えば、テストで点数が取れなかったのは、テスト中に腹痛があったからだとか、授業崩壊をしていたから集中して授業を受けることができなかったなど様々です。

このようなことは、キャラクターを自分で決めていると僕は思っています。

就活に関して言えば、面接官の見る目がなかったとか、この企業に落ちたのは運命で、他にもっと自分にふさわしい企業があるとか考えたり様々あると思います。

僕の母親の場合は、年齢が60歳に近いということもあり、エントリシートで落とされることが多々あるみたいなのですが、

エントリシートを提出して、返信すらしない企業や団体に対してあそこは最悪だと攻撃をします。

自分が落ちた企業に対して攻撃するのは僕には関係ないことなので良いのですが、僕が就活して受けた企業に対しても攻撃をしてきます。

僕も学歴や実績があるわけではないので、企業にエントリーしても返信すらしてもらえないことが多々あり、

中には、返信用封筒を入れたにも関わらず返信しない企業などもありますが、そのような企業に対して母親は躊躇なく僕のエントリーした企業を否定してきます。

あの企業は好きではない、最悪だと。

僕が好きな企業だと思っているので、その企業を否定されることは嫌な気持ちしかしないにも関わらず、僕の気持ちは考えずに僕の受けた企業を否定していきます。

子は親の影響を大きく受ける存在ですので、親のして欲しくないことをしないようにしたり、本当にやりたいことを諦める可能性すらあります。

そして、子は親の言うことを比較的聞く傾向にあるので、あの企業は最悪なのかとか思ってしまう子もいるでしょう。

僕の場合は、親との価値観が違いすぎて影響を受けることはありませんが、親が就活によって悪い影響を受けている時に、子供に対しても悪影響を与える可能性というのは十分考えらえることだと思います。

昔に、クレームが起こるロジックという記事を書いたことがあるのですが、人間は自分の誤りを認めるのが辛い生き物です。

例えば、買い物をして失敗した時に、自分がミスしたと認めるのが辛いので、企業の宣伝方法が悪い、自分は騙されたのだと思って結局クレームが起こると言うことを書きました。

ある意味自己防衛だと思いますが、責任を他人に求めるので自己分析などを再度行うことはしないので、そのような人は成功することが難しくなります。

と言っても、生活するためには就活をしなければならないと思っている人が多いですが、普通の新卒採用という形で僕は就活をする必要はないと思っています。

僕自身どのように就職活動をすれば良いのか、理論的な部分での実現性は100%だと思っている考えがあるのですが、実質の再現性がどれだけあるのかわからない状況ですので、

詳しくはまだかけないのですが、もし、普通と違った方法で苦労することなく就活を終える方法を知りたい方は、新しく記事を書くので、気が向いた時に再びこの記事を読んでいただければと思います。

ストレスなく就活を終える方法

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

URL(現在執筆中)

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実

渡辺正実

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飲食店のネット集客がうまくいかない人に知ってほしい簡単な集客の方法!!

  • ただ可愛いだけの心の弱い子はすぐに芸能界から消える!!

  • アイドルがデビューするとどうなるのか?大切なものを失う?

  • 運がいい人になるために必要なことをまとめた!!

関連記事

  • 同窓会に誘われなかったが今思うとよかったと思った話

  • テレビ局に就職を考えている人が注意すべきブラック労働と健康

  • 落合陽一が言っていた就活はやばいものがインプリントされる意味がわかった!!

  • ビジネスパートナーを選びで僕が失敗した話