映画

札幌のシネマフロンティアも映画料金を値上げするってよ!!

どうも渡辺(@masamiwatanabe)です。

↑結論は冒頭の画像になってしまうのですが、映画界の巨人と言われる「東宝」の子会社、TOHOシネマズが値上げを発表しました。

値上げに伴い札幌の映画館の「シネマフロンティア」も値上げす予定だそうなので、今回、僕がシネマフロンティアの公式ホームページに問い合わせた経緯や、僕自身が感じていることを綴っていきます。

TOHOシネマズが値上げするとシネマフロンティアも値上げするのか?

そもそも、なんで「TOHOシネマズ」が値上げすると「シネマフロンティア」も値上げするのかというと、「シネマフロンティア」の経営に「TOHOシネマズ」も関わっているからです。

シネマフロンティアの経営は、「シネマフロンティア共同体」が行っており、「TOHOシネマズ株式会社」「株式会社松竹マルチプレックスシアターズ」「株式会社ティ・ジョイ」の3社による共同事業になります。

映画界の3強と言われる、東宝、松竹、東映のグループ会社が関わっており、TOHOシネマズが関わっていることを僕は知っていたので、まあ、値上げするだろうなと仮説をたて、TOHOシネマズの発表があった直後にシネマフロンティアに問い合わせをしてみました。

問い合わせ結果は冒頭の画像になりますが、値上げに関しては、おそらくTOHOシネマズと同じで、現在1800円の一般鑑賞料が1900円、1100円のファーストデイやレディースデイは1200円に変更されるのではないかと思います。

TOHOシネマズとシネマフロンティアの違いは、TOHOシネマズには「メンズデー」と「ウィークデイモーニングショー」はありません。

「メンズデー」はおそらく1200円に値上がりすると思いますが、「ウィークデイモーニングショー」がどうなるのかは難しいところです。

TOHOシネマズで料金の変更がないのが、大学・高校・中学・小学生、幼児、レイトショー利用なので、レイトショーがないのだから、「ウィークデイモーニングショー」の料金改定もしないような気がしますがどうなのでしょうか?

5月の中旬以降に公式ホームページで発表されるそうなので、とりあえず札幌市民は発表を待つしかないという状況でしょうか。

発表があり次第この記事にも追記させていただきます。

この記事は札幌市民や札幌近郊に住んでいる人にしか関係のないことですが、最後にTOHOシネマズのBGMが好きなので、以下に添付しておきます。