就職

就活をしたくない、じゃあどうする?既卒は大変だけど知ってる?

就活をしたくないと思っている人も本当に多くいると思います。

その気持ちは本当に分かります。

僕自身大学生の時に就活をしなかった人間なので、就活をしたくないと言う気持ちは本当にわかります。

ですが、こういう人は就活をしたほうが良いというアドバイスは出来ますので、最後まで聞いていただけると嬉しいです。

就活をしなかったことで後悔しないのであれば就活しなくてもよい。

スポンサードリンク


就活をしなかったことで後悔しないのであれば、就活をする必要は僕はないと思っています。

正直、年金は将来的に破綻する可能性が高い、年功序列は企業が成長していないので機能していない。

副業をしてお金を稼いでいるサラリーマンも多くいる中で、サラリーマンになる魅力は本当にあまりないと思います。

ですが、何となく就活をしたくないと思って就活をしない人もいますが、就活をしないことでどういう未来が訪れるのか想像してから色々なことを判断してほしいと思います。

新卒と言うのはあなたが思っている以上にブランド力が高いので、そのことについてこれから書いていきます。

僕が既卒になって感じたこと。

新卒採用が一般的な中で、僕は大学生の時は就職活動をしませんでした。

何故しなかったかは、自分でビジネスでお金を稼いで生活していこうと思ったからです。

ですが、ある過程でプログラミングを学び、現場経験を積むために就職しようと考えることがありました。

大学生の時は全く思いつかなかったことですが、僕自身はプログラミングを学ぶために会社に就職したほうが良いと言う明確な目的が見つかったので、

就職することに非常に意味を見出すことが出来たのですが、もし、何もやりたいことがない場合でも、未来を想像出来ないのであればとりあえず就職したほうが良いです。

何故、就職したほうが良いかの一番の理由は既卒は大変だからが僕が感じる一番の理由です。

既卒の就職活動でわかった、既卒の不利な点

僕は正式には就職活動を一般的な大学生が行うような形では就職活動はしていません。

プログラミングの研修をしてくれる人材派遣会社の研修を受けて、そしてその会社に就活支援をしていただいたので、他の一般的な既卒の人間よりも簡単に就職支援を受けることが出来ました。

しかし、大学を卒業した既卒には大学在学中の大学生よりも不利な点がたくさんあります。

既卒の不利な点

[surfing_su_list_ex]

  • ①就職活動は全部自分で行わなければならない。
  • ②大学の求人は既卒でも大丈夫かその都度確認が必要である。
  • ③何故新卒で会社に就職しなかったのか大抵の場合聞かれる。

[/surfing_su_list_ex]

①就職活動は全部自分で行わなければならない。

当然のことですが、大学を卒業している以上は既卒になってしまった場合は就職活動は全部自分で行わなければなりません。

大学生の時も自分で決めることが多いですが、同級生も同じようなことをやっていますので、質問出来る環境が整っているので、自分が何かを忘れていても何かしらのリカバリーするチャンスがあります。

大学に基本的に頼ることで、就職活動に乗り遅れることはありません。

しかし、既卒となると全部自分で色々と判断して行わなければならないので、とても大変なことは理解できると思います。

更に、大学側は既卒生に対して積極的に就職支援は行わないのが一般的です。

卒業生ということで相談にはのるけど、積極的には支援をしないと言うのが大学のスタンスです。(これは僕の母校での話を聞きにいったことなので正確な情報です。)

大学側が既卒の人間におすすめするのは、まず最初にヤングハローワークに行くよう進めるのが一般的だそうです。

僕は、ヤングハローワークのサービスを受けたことがないので、どれだけ有益なのかはわかりませんが、大学側が既卒生まで面倒を見れないので、

ヤングハローワークに行くことを基本的におすすめしているそうです。

ヤングハローワークにどんな求人があるのかわかりませんが、おそらく誰もが知るような大企業に入ることは非常に難しいと思います。

将来的にヤングハローワークに行くような人間になるくらいなら、新卒一括採用での1度きりのチャンスは絶対に活かさないともったいないというのは正直思います。

②大学の求人は既卒でも大丈夫かその都度確認が必要である。

これは、大学に来る求人から応募しようとしている人に関係がある話ですが、大学に来る求人と言うのは基本的に在学生のためのものです。

既卒生も応募出来る求人もあるそうなので、その都度応募する会社に確認が必要ですのでかなり煩わしさを感じると思います

③何故新卒で会社に就職しなかったのか大抵の場合聞かれる。

既卒になったら絶対に聞かれるのが、何故新卒で就職しなかったのかはほとんどの場合聞かれます。

普通という概念で考えた場合、大学4年生で就職活動を行い会社に就職するというのは一般的な進路だと思いますが、その普通の進路を辿らなかったということは、人間的に何か問題があると判断されてしまう可能性があるということです。

基本的に既卒は煩わしいことが増えます。新卒では絶対に質問されない質問をされたり、いちいち確認が必要なことも増えます。

本当に既卒にならないとわかりませんが、面倒くさいことが多いです。

こんな事なら新卒で就職すれば良かったと後悔している既卒の人間はたくさんいると思います。

何故やりたいことではないのに就職したほうが良いのか?

僕がやりたくもないことで就職したほうが良いと考える理由は圧倒的に効率が良いからです。

就職活動をしないでアルバイトで生活をつなぎとめ、自分の本当にやりたいことの為に頑張る人生と言うものも素晴らしいと思います。

例えば、俳優になりたいと思っている人は、アルバイトをしながらオーディションを受けるという人も多くいると思います。

こういう人たちは、自分がアルバイトをしていることも夢のためと割り切って仕事をすることが出来ます。

しかし、やりたいことがない人はアルバイトですら目的がないので頑張ることは出来ません。

だからこそ、目的がないのであればアルバイトよりも正社員の方が多くの給料をもらえるので効率が良いということです。

僕は、働きながら自分の本当にやりたいことを見つければ良いと考えている人間ですので、やりたいことがないのであれば、猶予時間を作るという意味で割り切った方が良いと考えます。

アルバイトでどんだけ優秀でも給料はほとんど上がりませんし安いです。

ですが、正社員というだけで給料は基本的には高いです。

やりたいことが見つかるまで、とりあえず就職するというのはお金の面で効率が良いので僕はこの考え方を推奨しています。

やりたいことが見つかったらやめれば良いのです。

アルバイトで働くよりも正社員で働いていたほうが貯金もたまりますし、すぐにやりたいことにフォーカス出来ます。

僕は、効率が良いのでやりたいことがないのであれば、とりあえず就職と言うのは最も効率が良いと考えているので、今回書かせていただきました。

俳優など夢が明確なのであれば、アルバイトでも良いと思いますが、そうではない人は就職することをおすすめします。

どうしても会社が嫌いなら

どうしても人間関係が嫌いで人と関わりたくないと思っている人もいると思います。

まさに昔の僕なのですが、そのような人たちには就職しなくても出来る、お金を稼ぐ方法を提案しています。

そんないい方法があるなら早く言ってくれと思うかもしれませんが、働く時間などすべて自分で管理しないといけないので、覚悟がないと大きな金額を稼ぐことは難しいので、挫折の危険性もあるということを理解して話を進めていただけたらと思います。

フリーランスという生き方

フリーライター、フリーのエンジニアなどフリーで会社に縛られず働くという働き方があります。

僕の場合は、フリーのエンジニアが単価も高くて年収1000万円くらいを目指せるので、会社に一度就職する道を考えましたが、

もし、会社に就職しないという覚悟を持つことが出来る人で、やる気のある人はフリーライターになることを提案します。

文章を書くことは得意・不得意とあると思いますが、やれば誰でもそれなりのレベルに到達します。

月収30万円くらいは安定して稼ぐことも可能ですし、月収50万円、60万円を目指せる職業がフリーのライターだと僕は思っています。

例えばですが、サグーワークスという文章を書くことに特化したクラウドソーシングのサービスがありますが、このサービスではライターのレベルがプラチナライターと認定されれば1文字1円の仕事が出来るようになります。

1文字1円ということは、1時間に3000文字書けば時給3000円ということです。

色々調べることも多いので、最初から時給3000円とはいきませんし、その時々の自分が関われる案件によってそんなには稼げないことが多いですが、

ライターとして経験をつめば、月収50万円を稼ぐことも可能であるということです。

基本的に誰ともかかわらなくて良いので、人間関係に困る心配はありません。

ですが、一番最後にこの提案をしているということは挫折率が高いのも事実です。

なんだかんだ作業をし続けないといけないので、正社員としてサボって仕事をしていて給料が入るほうが楽と感じる人もいると思います。

もし、人間関係に困らず働きたい、そして覚悟があるのであればフリーライターになるのが一番良いと僕は考えるのでおすすめしています。

就職活動が嫌なのは分かりますし、僕も大学生の時に就職活動をしなかった人間なので大学生に色々偉そうなことを言える立場ではないですが、

僕は既卒として就職活動をしようと思った時に色々な感じることがありました。

色々な理不尽なことがありますが、正社員は効率が良いですし、違うベクトルから考えたら楽なこともとても多いです。

やりたいことがないのであれば、とりあえず就職がベストな選択だと思います。

覚悟があるのであれば、フリーライターになれば良いと思いますが、あなたの人生なのであなたの後悔をしない生き方を選択してほしいと思います。

常に人間が後悔するのは、やったことではなく、やらなかったことに後悔をするから。

「追伸」2018年6月3日

現在の僕の現状ですが、フリーランスのプログラマーに将来的になろうと考えていましたが、人材派遣会社からの就職というのはリスクもあることがわかったので、現在はブロガーと名乗り収益をあげています。

ここ半年くらいで考え方も変わり、既卒になっても別に関係ないんじゃんと思うことも多く感じています。

例えば、既卒でも就職に全く影響がない企業などもたくさありますし、実績を作れば中途採用でもいい企業に就職できる可能性が高いことがわかりました。

今、もしあながた大学生であるならば、大学生のうちにお金を貯めることをおすすめします。

イメージとしては、アルバイトでお金を稼ぐなどの安定的な収入を1つ作り、自分自身の力で稼ぐことができるような収益化を1つ目指すべきだと思います。

で、自分自身で稼ぐことが出来たお金を循環させ、そのお金を勉強などの投資の費用にしてどんどん自分自身を成長させることがもっとも効率が良いのではないかと僕は感じています。

時間も有限なので、アルバイトで稼ぐことができるお金を自分自身で稼ぐことができるようになれば、アルバイトはやめるべきだと思いますし、

自分自身で目標を作って解決していくことが本当に大切だと思います。

ビジネスをしていると、一気に資金を投下することが必要な場面もくると思いますが、ビジネス的にマインドの能力が上がっていれば、その判断も間違うこともないと思うので、人生の転機だと思うタイミングでは、一気にお金を投下することも必要だと思います。

それは、アルバイトをやめるタイミングであったり、何かを決断するタイミングは、ここだ!!と思うタイミングが絶対にあると思いますので、その転機を逃さず必死に食らいつくことが必要だと思います。

スポンサードリンク