億万長者計画

億万長者になるために必要な100くらいのこと

どうも渡辺正実(@masamiwatanabeです。

最近色々と考えていたのですが、本当にやりたいことが見つからないなと思うことが多いということに気付きました。

1億円あったらいいな・・・・とか、美女と付き合えたらいいな・・・みたいな、ないものねだりを考えることは多いですが、それを人生をかけてやりたいことにできるかといえばそうではありません。

あとは、避けたいことリストを作ると、会社に勤めたくないとか、変な人とは関わりたくないとか、そんなことはいくらでも浮かぶのですが、人生をかけて何かをしたいということがなかなか浮かびません。

ということで、前回の記事でも書きましたが到底無理だと思ったことをリスト化して、それを実現していこうと考えました。

夢はあるのだけど、それが実現できないと思っていて、そもそも夢から外しているものこそ自分が本当にやりたいこと。

で、IT社長になるということと、アイドルと付き合うということを目標に掲げたので、それをコンテンツ化して情報発信をしていこうと思います。

[surfing_other_article id=2053]

この記事を読むメリットとしては、僕が億万長者になり、アイドルと付き合うためにしたことをまとめていくので、

この記事に沿って行動することで、あなたも「IT社長」になり有名芸能人と付き合うために必要なことがわかるようになります。

てか、まだIT社長にもなれていないですし、有名芸能人とも付き合うことはできていないのですが、必ずなるのでどんどんコンテンツが積み重なって面白いことになるように頑張ります。

てか、てか、言っていますが、絶対に面白くなりますので定期的に読んでいただけると嬉しいです。

随時更新していきます。

時間は「未来」から「過去」に流れている

記事タイトルが、億万長者になるために必要な100ぐらいのことと書いていますが、どれくらいしなければならないことがわからないので、とりあえず100ぐらいのこととしています。

そして、まず、1つ目にしなければならないことは、自分が未来になる姿を宣言してボールを投げたり、ピンを指してすでになったかのように行動することが必要だと僕は考えています。

原因と結果、過去の積み重ねが現在の自分を作っているという考え方が一般的には広まっていますが、時間は未来から過去に流れているという考え方をする必要があることに気づきました。

これは、ブロガーのるってぃ(@rutty07z)さんから聞いたことなのですが、参考になる記事は以下です。

https://rutty07.com/entry/time-pass/

http://euphoniumize-45th.hatenablog.com/entry/2018/01/01/235847

川は上流から下流から流れている。

ボールを川の上流に投げれば下流に流れるということは普通に起こることです。

この考え方を、時間の流れにも適用しようというのが、{時間は「未来」から「過去」に流れている}という考え方です。

この川の例では、ボールを夢や野望ということと仮定して、未来に向かって投げることで上流から下流に流れくるのでキャッチすることで実現することができる。

このように考えれば、実現できない夢はないと考えることができます。

ボールをキャッチしないといけないので、その夢がものすごいものであれば、川の激流に逆らってキャッチすることができるくらい努力しないといけない可能性もありますが、

必ず、上流から下流に流れてくるので、夢は実現できてしまうと考えることができます。

この話は、宗教みたいなのでわかりずらいですが、ツイッターでわかりやすい例があるのでシェアします。

未来から過去へ。

文章でわかりずらければ、るってぃさんが動画にて説明しているので以下の動画をご覧ください。

[surfing_su_youtube_ex url=”https://youtu.be/xSy3RbBoz1s”]

過去のことを気にしなくてよいと考えるだけで、相当楽な気持ちになり、自分が得たいものに対して妄想してポールを投げ実現する。

この考え方をするだけで、色々なものを引き寄せることができると僕は考えます。

だからこそ、自分が実現したかのようにもう思ってしまう。

ドラゴン桜でも言っていることですが・・・

日々、考えることは変化するので投げるボールは変わるが、投げ続けなければならない。

少し話は変わりますが、人間にはホメオスタシス(恒常性維持機能)があるので、環境が変化しても一定の状態を保とうとする。

居心地の良い場所をコンフォートゾーンと言いますが、環境に適応するのと同時に、居心地が悪いと逃げ出そうとする。

だから、すでに実現しているかのように行動することで、自分が実現していないことに対して居心地が悪くなり、ホメオスタシスを働かせて実現しているようにするのも大事かもしれない。

億万長者になるために必要な1番目:すでに自分が億万長者になっているかのように行動する。

消費をしてもお金がなくなるだけなので、マインドや仕事量などどのくらいやらなければならないのかを考える。

僕の場合は、憧れのIT社長がSHOWROOM社長の前田裕二さんなので、前田裕二さんのマインドをそのままインストールして行動しようと考えました。

前田さんの場合は、いつ寝ているの?ってくらい仕事をしているので、自分もそのマインドで行動していこうと決めました。

とりあえず、1つ目にやらないといけないことを書きました。

随時更新していきます。