自己啓発

エッセンシャル思考の感想と何が一番大切か?

エッセンシャル思考という本は、勉強、ビジネス、資格取得など様々な学びの際にとても重要になる考え方だと思います。

今回はエッセンシャル思考の考え方と、本質的に何がいちばん大切かについて書いていきます。

「捨てる」=究極の成功法則

スポンサードリンク


やってきたことと同じぐらい、やらなかったことにも誇りを持っている。イノベーションとは1000のことにノーと言うようなものだからだ。

↑この言葉は、スティーブ・ジョブズの名言の1つになります。

僕たちは多くのことに興味を持ち全て自分でやってしまおうとします。

例えば、仕事に関しても自分がやる必要がない雑務などもすべて自分で引き受けてしまい、本当に大事な仕事が疎かになっている人もたくさんいます。

だからこそ、捨てる、やらないということが本当に重要なのです。

エッセンシャル思考に書かれていることを1文でまとめると「捨てろ」ということです。

自分が一番しなければならないことを選定しそれ以外は全部捨ててしまう。

捨てるということは勇気がいることですし本当に嫌です。

例えば、せっかく時間をかけて習得した資格があったとして、その資格が役に立たないとわかってもなかなかその資格を捨てることは出来ません。

資格をとったのにもったいないと思うから。

でも、資格を取るのは手段でしかないはずで本当はもっと重要な事があるはずです。

何が一番大切なのか?

あなたは〇〇という資格があるから〇〇しなければならないと考えていませんか?

その考え方は完全にダメで、本来であれば〇〇したいから〇〇という資格が必要であると考えなければなりません。

それでもし、〇〇という資格を取ったけど意味がないのであれば、その資格は関係ないので捨てなければなりません。

日本人は学校教育でバランスを重視されるので、バランス良く生きようとしますがそれは本当に無駄です。

何かに特化して、あらゆるものを捨てている人間こそ本当に価値があるのです。

猿のように1つのことに夢中になれ

もし、あなたが圧倒的な成功を手にしたいのであれば、すべてを捨て、1つのことに集中し猿のように夢中になることが大切です。

1つのことに夢中になると学校教育では否定されますが、1つのことを極めると物事の本質がわかるようになり集中力もとてつもなくつきます。

1つのことを極めるとあらゆることに挑戦しても成功しやすくなります。

バランスが重視される日本の教育では考えられないことかもしれませんが、1つのことに挑戦することこそ最大の成功法則です。

スティーブ・ジョブズの名言に戻りますが、やらなかったことも誇りに思え。

この言葉がすべてだと思います。

例えば、副業で成功しようと考えたとしてネットビジネスを実践しようと考えたとします。

色々なビジネスモデルがあり、ブログ、YouTube、転売など様々な方法がありますが、なぜか多くの人は複数のビジネスを同時にやろうとします。

そのような人の多くの人が必ずといってよいほど失敗しています。

複数のことを同時に行うと力が分散してなかなか結果を出すことが出来ません。

1つのことに絞ることこそ成功への近道ですので、何か1つのことに絞るということを徹底してみてください。

捨てるのが嫌という人は絶対に成功出来ないと断言出来ますので、まずはメールマガジンをたくさん読んだいるのであれば、自分が最も大切だと感じているメールマガジン以外はすべて解除してしまいましょう。

これから、色々なものを捨てていくのに、最初の一歩としてはとても良い行動だと思います。

スポンサードリンク