1. TOP
  2. アイドル研究
  3. アイドルこそ最先端のビジネスモデルである理由と中元日芽香のアイドル論

アイドルこそ最先端のビジネスモデルである理由と中元日芽香のアイドル論

どうも渡辺です。

この記事では、アイドルこそ現在の芸能ビジネスにおいての最先端のビジネスモデルであると考えられる理由、

そして、乃木坂46を卒業する中元日芽香さんのブログの文章を引用し、彼女がものすごくアイドルというものの本質を考えていた素敵な存在であった点について書いていきます。

この記事を読むことで、なぜ多くの人がアイドルに魅了され、お金を払うのかというのもがわかるようになります。

中元日芽香が考えていたアイドル論

がむしゃらに進む姿勢というのは それだけで人の胸を打つもので 特別な才能があるわけではない私でも 勇気なのか、癒しなのか、希望なのか、 色んな感情を与えられる。 アイドルの一番のウリは 素のキャラクターと 仕事への”姿勢”なんだと思います。 シンガーには敵わないし ダンサーには敵わないし 芸人には敵わない。 パフォーマンスが完全でない分 いかに目の前のことに真摯に取り組むかが 求められている職業かなと考えた時、 私はアイドルとして何事にも 全力でぶつかってきたつもりです。 あくまで私のアイドル論ですが 語れと言われればいくらでも語ります。中元日芽香 OFFICIAL BLOG

これは乃木坂46の中元日芽香さんが、乃木坂46を卒業する際に最後にブログで書いた文を引用したものになります。

アイドルはシンガーには叶わないし、ダンサーには叶わないし、芸人には叶わない。

がむしゃらな姿勢、特別な才能がない人間でも色々なものを与えられるのがアイドル。

アイドルの1番の売りは、素のキャラクターと仕事への姿勢。

頑張っているから応援してもらえる、それがアイドル。

この、中元日芽香さんの言葉には、アイドルの本質とも言える現代の芸能ビジネスにおいて、大切にしなければならないことが詰まっています。

アイドルというのは未完成で良い。

よく、アイドルの歌は下手で口パクなんてしてと言われたり、口パクをやめて生歌を披露すると放送事故だと言われます。

しかし、僕はこの未完成だからこそ応援する対象になり、コミュニティー形成をする上で大切なことだと考えています。

SHOWROOMというライブストリーミングサービスはご存知でしょうか?

簡単に説明すると、路上の弾き語りをインターネット上に持ってきたようなサービスで、アイドルや一般の人が動画の生配信を行っています。

このSHOWROOMでは頑張りに応じて、ギフティング と言いますが、投げ銭をすることができる機能があり、

アイドルファンが利用している人が多いですが、ギフティング という形で直接アイドルや一般の人を支援することができます。

SHOWROOMの特徴は、人気も実力もない演者が毎日配信を頑張る姿勢に共感が生まれ、支援してもらえるという点にあります。

日本人は、頑張っている人を応援したい、報われてほしいと強く思っている文化性がありますので、純粋に頑張るという姿勢が評価される対象になります。

そして、アイドルは未完成で良いと書きましたが、アイドルの本質は実力より先に人気を得ることにあると僕は思います。

多くの一般人、アイドルにしても芸能人になる時は人気も実力もない状態から始まります。

女優として成功したかったり、歌手として成功したければ、スクールなどに通い圧倒的な実力を有してから、やっとオーディションに合格することでドラマや映画に出演することができます。

また、歌手であれば実力がなければCDを発売したり、メジャーデビューすることすら難しいのが現状です。

ですが、アイドルは俳優や歌手とは全く違います。

もちろん、アイドルのオーディションに合格しなければならないので、中元日芽香さんが所属している乃木坂46であれば、4000倍以上の倍率を勝ち抜かなければ、現在ではグループに所属できない狭き門です。

しかし、アイドルの実力とは一体なんなのかと考えた時、絶対的に必要な能力があるかと言われればそのような能力はないのだと思います。

例えば、AKB48グループの指原莉乃さんと山本彩さんを例に考えていきます。

これは僕の主観の話ですが、山本彩さんの方が容姿も綺麗だし歌もうまいと思います。

でも、人気があるのは指原莉乃さんです。

歌も上手い、容姿も可愛いのに負けるのが現在のアイドルの業界であり、これまでの芸能業界で考えられている実力の指標、

秀でたものがあるという物差しで測った時に、山本彩さんではなく、指原莉乃さんが勝つ社会という矛盾が起きています。

ですが、僕はこの現象こそ現在の芸能ビジネスの本質であり、コミュニティー操作が上手い指原莉乃さんのような人間が輝くのは、現在考えなければならないアイドル業界の本質だと考えています。

コミュニティー操作が上手いというのは、頑張っている姿勢を見てもらうことで、実力ではなく、人気を得ることができる能力と今回はさせていただきます。

指原莉乃さんの場合は特殊なので、あまり例にするのはわかりづらいですが、指原莉乃さんの実力値という数値に当てはめると、彼女の実力はその圧倒的なトーク力にあります。

好きの反対は無関心という秋元康さんの教えを完璧に理解し、アンチは1番の広告塔ということを意識して大衆扇動を行う能力は他の追随を許しません。

この大衆扇動の能力などでのコミュニティー操作がものすごくうまく、AKB48の総選挙でも5億円ものお金を動かすことができる人間です。

アイドルは、実力がなくても人気を得る能力があれば成り立ってしまう。

そして、人気がある人間をメディアは活用したがりますので、歌が下手、演技が下手という場合でもドラマや歌番組に出演することが可能になります。

その上で、後天的にきちんとした実力をつけて、人気も実力もあるスターになって行こうというのが、現在のアイドルの理想的な姿、そしてSHOWROOMが目指しているものです。

SHOWROOM代表の前田裕二さんの書籍「人生の勝算」で書かれている、コミュニティーを作る上で大切なことというものがあります。

コミュニティーを作る上で大切なこと
余白の存在、常連客の存在、仮想敵を作ること、秘密やコンテクスト、共通言語を有すること、共通目的やベクトルを持つこと。

芸能ビジネスの革命児と言われている前田裕二さんが作り上げた、実力より人気を先に得るという芸能ビジネスのあり方の転換。

そして、人気を得た上で、実力の向上の努力を行い完成されたものへとなっていく。

一方的に完成されたものが与えられた消費社会から、観客を巻き込んでコミュニケーションを取る、自分が介在したり、自分の物語を描くことが大切になる情報社会において、

今まで考えられていた方法とは、全く違う道で成功することが可能になります。

だからこそ、最初に引用した中元日芽香さんの考えるアイドル論、芸人やシンガー、ダンサーには勝てない。

でも、頑張る姿勢が評価され誰かに影響を与えることができる人間になる、そして人気を得ることができる。

SHOWROOMで考えられているコミュニティー形成、アイドルが作るコミュニティー形成、

これから、Googleを倒すと本気で言っている前田裕二さんが、ビジネスモデルの本質がアイドルと本当に共通することが多く、SHOWROOM同様、アイドルがなぜ人気が出るのかという理由を理解することこそ、最先端のビジネスモデルを理解することにつながります。

未完成である、前田裕二さんは余白があることが大切と言っていますが、完璧ではないからこそ、ファンがアイドルを応援するための入る余地が生まれ、

素晴らしいコミュニティーを作ることに成功しています。

そして、実力よりも人気を先に得ることで、テレビに出演することも可能になってしまいます。

なぜ中元日芽香は圧倒的な人気を得ることが出来なかったのか?

続いて、アイドルとしての大切なことを深いところまで理解していた中元日芽香さんが、なぜ圧倒的な人気を得ることができなかったのかについて書いていきます。

まず、中元日芽香さんのことをまとめていくと、乃木坂46で選抜に選ばれた回数3回、そして、休業したこともありますが、健康面に不安を抱え3年間に渡り病院に通っていたこと。

人生の全てをかけて乃木坂46に捧げ、健康よりも乃木坂46で頑張ることの方が重要だと言った、本当に素晴らしい人ということが出来ます。

しかし、彼女は頑張るということのベクトルを大きく間違えていたように思えます。

人気✖️実力が芸能人としての地位を築くと、ぼくは先ほどから書いてきた内容から判断しています。

実力がなくても人気があれば、芸能人としてのそれなりの地位を築くことは可能となります。(特にアイドルに関しては)

まず、実力についてですが、これはアイドルにはあまり求められていないので、省略しますが、やはり入り口として容姿の良し悪しはグループでいる以上判断の材料になると思います。

中元日芽香さんも十分可愛いと思いますが、白石麻衣さんのような完成された美しい存在、又は西野七瀬さんのように、守ってあげたくなるような不思議な空気感など、突出したものがあったと言われれば少し疑問です。

そして、人気についてですが、中元日芽香さんの握手についてですが、別に悪くもないですが、特段良くもないというのが言われています。

秋元真夏さんのように、握手会がすごいなどの評判などがたてば実力という面で劣ったとしても、人気の面でリカバリーできたかもしれませんが、

特に人気を得るために何かをしていたかと言われれば疑問が残ります。

中学3年生から乃木坂46に所属し、人気を得るためにはどうしたら良いのか、本質的な部分で理解することは難しかったと思いますが、

彼女が人気を得るために効果的な起爆剤を打てなかったことに、彼女が圧倒的な人気を得ることができなかった原因があると思います。

コミュニティーを作る上で大切なことを意識して行動することももちろん必要ですが、

芸能人は偶像性を有しているので、遠い存在と思われるため、近い存在に思われるために直接触れ合える機会というのは本当に大切にしなければなりません。

普段会えないアイドルに会えるという握手会というのは、ファンからしたらものすごい価値の高いものになります。

そしてその握手会で、また来たい、この子を応援したいと思われるかは本当に1回1回が勝負です。

選抜に選ばれないアンダーメンバーの期間が長かった衛藤美彩さんなどのメンバーも、握手会の対応の良さなどで上に上り詰めることに成功しています。

しかし、中元日芽香さんはそれができなかった。

いつの段階で、本当に本質的であり、圧倒的に評価のすることができる、ブログで書かれているアイドル論にたどりついたのかはわかりませんし、彼女自身、ものすごく頑張っていたと思います。

ですが、最終的に効果的なコミュニティー形成が出来なかった。

このコミュニティー形成の理解というのは、SHOWROOM代表の前田裕二さんの書籍、「人生の勝算」を読むことでかなり深く理解できます。

まだまだ、前田さんが考えている思考は深く、理解しなければならない点もたくさんありますが、ファンビジネスの本質が人生の勝算には詰まっています。

もし、ファンを獲得して成功したければ読んでみてください。

人生の勝算 (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,512から
(2017/12/31 18:59時点)

最後にですが、私自身中元日芽香さんはすごく素敵な人だと思っていましたし、成功してほしいと思っていました。

ですが、本当に大切なこと、本質的な部分は理解できていても、人気を得るために行動に移し成果を出すことの大変さも、中元日芽香さんは教えてくれていたように思えます。

芸能人になって成功することは本当に大変だと思いますが、ファンビジネスの本質、特に人生の勝算で書かれていることへの理解は必須だと思いますので、

芸能界で成功を夢見ている人は本当に頑張ってほしいと思います。

効果的なコミュニティー形成をし、人気を得ること、それが僕が考えている芸能ビジネスにおいての最先端です。

この考えが正しいかどうかはわかりませんが、芸能人を目指して頑張っている人を陰ながら応援しています。

現在、リップル1万円分又は現金1万円プレゼント企画を行っています。 もし興味がありましたら登録してみてください。 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実(マーケッターMASAMI)

渡辺正実(マーケッターMASAMI)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 白石麻衣(まいやん)の卒業へのカウントダウンとANN

  • Prime Studentに入会を考えている人が注意すべき無料体験期間

  • 乃木坂46のファン・乃木オタに本当は教えたくない丸秘情報

  • 理論上の再現性と実質再現性〜なぜ多くの人は選択を間違えるのか?

関連記事

  • 山崎怜奈はあざとい?SHOWROOMの評判と胃もたれ?

  • 青木玄徳容疑者を逮捕!!乃木坂46のメンバーとも関わりが・・・

  • 乃木坂46のファン・乃木オタに本当は教えたくない丸秘情報

  • 乃木坂46オタクが若月佑美の写真集を買った方が良い理由

  • 乃木坂46のライブを円盤化しない本当の理由は?

  • 長浜ねるの兼任解除とニュースにあったので調べたら・・・