1. TOP
  2. SHOWROOM
  3. 前田裕二さんのSHOWROOMのROOMで起きた出来事からの学び!!

前田裕二さんのSHOWROOMのROOMで起きた出来事からの学び!!

どうも渡辺です。

今回は、ただSHOWROOMを見ていて、演者と観客との間で起こった、これは絶対にやってはいけないなと思った出来事についてシェアします。

この記事を読む事で、成功する人間に必要な大切なことを知ることができます。

あなたが魅力的な人間かどうかは、トラブルが起きた時の対応でわかる!!

さて、話を進めていきますが、2017年の12月14日の深夜2時くらいのこと。

この時間にSHOWROOMを見ることはほとんどないのですが、ツイッターを見ると、

僕の尊敬するSHOWROOM社長の前田裕二さんが、SHOWROOMで配信をしていることを知り、はじめて、前田裕二さんのルームにお邪魔をさせていただきました。

配信開始から結構時間がたっていたみたいだったので、ほとんど終わりの部分しか見ることができなかったのですが、終盤にあることが起こりました。

SHOWROOMは、演者と観客との間でコメントという形でコミュニケーションができるのですが、

ある一人の観客の方の発言から今回の話は進んでいきます。

そのコメントは以下のようになります。

「配信者の〇〇と言います。」

「10月の給料ですが今だに振り込まれていません」

「アマチェア枠の時のお給料です」

「お問い合わせを何回もしていますが、返答はありません」

「社内のコンプライアンスはどうなっているのでしょうか?」

「本当に困っています」

正確には覚えていないのですが、その方は、SHOWROOMで演者として配信を行なっている方で、アマチェア枠であったが、芸能人などが配信している公式枠になった方である。

アマチェア時代の給料が払われていなくて困っているから、前田裕二さんに直談判をしたということみたいです。

で、この会話から何が言いたいかと言うと、このSHOWROOMという空間でこのような発言はすべきではないよなということです。

SHOWROOMのルームでは、その人のファンが集まってコミュニティーを形成し、演者と観客で1つのコンテンツを作り上げます。

現実世界で表すと、講演会などに参加する登壇者とファンという関係ということも出来ます。

もし、この発言内容を現実の世界で表すと、講演会の質問者が給料の未払いを払ってくださいと、直談判しているだけのように見えてしまうと思います。

SHOWROOMの性質上、全体の利益にならない個別の案件などは、スルーするのも当然の事であり、前田さんも相手にはしていませんでしたが、

このように、超個人的な事を、大勢の見ている前で絶対にやってはいけないよなと思いました。

これは僕が意識している事ですが、「魅力的なオファーを出せる人は、魅力的なエコーを返せる」という考え方をしています。

どういうことかというと、セールスする際に、お客さんに魅力的なオファーを出せる人というのは、何かの対応に対しても魅力的に対応することが出来るということです。

ちょっと、不手際があった際にも、クレームなどを言わずプラスに考えることが出来る。

飛行機などのエンジントラブルで問題が発生した場合などに、空港に引き戻すということが起きた場合、ファーストクラスの人間とエコノミークラスの人間では、

大抵、エコノミークラスの人間が文句やクレームをいうパターンが多いと聞きます。

ある程度成功を収めている人というのは、何かのトラブルなどに対しても、冷静にプラスに考えるマインドを持っていますので、

何かトラブルが起きた時でも、ナイスな対応をします。

例えば、「空港で買い忘れたものがあるから、お土産を買えてラッキーだよ」と言ったり、CAからしたら本当にありがたいなと思う対応をします。

一方で、エコノミークラスの一部の人は、そんなの関係ないから、意地でも目的地まで行けとか言うわけです。

ファーストクラスに乗る人がナイスなのではなく、ナイスな対応が出来るからこそ、ファーストクラスに乗ることが出来る人間なのだと思います。

今回の場合は、給料ということで、配信したことによる投げ銭、SHOWROOMではギフティングと呼びますが、

これが支払われない、更にお問い合わせをしても対応してもらえないので、このような行動に出たのでしょう。

これは、僕の推測でしかないですが、給料を支払われるまでの、ギフティングのポイントを貰えていなかったのではないかと勝手に想像しています。

SHOWROOMでは、2000ポイントを超えなければ、お金は支払われませんので、そのポイントを超えていなかったのではないかと、勝手に思っています。

もし、超えていて、本当に給料が未払いであったとしても、SHOWROOMで直談判するのではなく、電話をしたり、前田参加らしたら迷惑な話かもですが、

前田さんの、ツイッターやFACEBOOKなどにメッセージを送ればよいだけですので、

今回のような大それたこは、しないにこしたことはありません。

このような行動は、観客として見ていた他の人からも不快に思うのです、その人の信頼を下げますし、

クレームばかりいう人は、結局は自分がオファーを出すときにも、魅力的なオファーを到底することが出来ないので、結局、成功することは難しくなると思います。

「魅力的なオファーを出せる人は、魅力的なエコーを返せる人」

もし、あなたが日常生活で、すぐにクレームを言うような場合は、この言葉を意識して見てはどうでしょうか。

他人との関係は、鏡のような関係だと思っていますので、結局は自分に返ってくると思うので。

\ SNSでシェアしよう! /

渡辺正実オフィシャルサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

渡辺正実オフィシャルサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺正実(マーケッターMASAMI)

渡辺正実(マーケッターMASAMI)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今野義雄が乃木坂46の1期生のオーディションでメンバーを選考した方法!!

  • 努力のアピールと影の努力、どちらの努力が本当に有効なのか?

  • 努力は必ず報われるのか?という問いの答え

  • アイドルこそ最先端のビジネスモデルである理由と中元日芽香のアイドル論

関連記事

  • 努力のアピールと影の努力、どちらの努力が本当に有効なのか?